鹿児島のホテル

2016.12九州旅行記③ 最終日は鹿児島〜サンデイズイン鹿児島

九州旅行の2日目は福岡から鹿児島へ移動です。ヒルトン福岡をチェックアウト後、糸島半島は船越漁港の牡蠣小屋へ向かいました。都市高速を使って40分もかからない距離でした。街中にも焼き牡蠣がメニューにある所はありますが、やっぱり牡蠣の美味しさが違う気がしますね。こんなに気軽に食べに行ける距離にあって羨ましい限りです(>_<) 船越漁港に着くと牡蠣小屋がずらりと並んでいます。その中から炭火焼きでメニューに牡蠣のアヒージョがあった「千龍丸」さんに入りました。

店内に入ると服に匂いが移らないようにジャンパーを貸し出してくれます。牡蠣の値段は1kgで1,000円でした。牡蠣を1kg注文するとすぐに店員さんが約10個の牡蠣が入ったバスケットを持ってきてくれました。蛤と牡蠣のアヒージョ、ノンアルコールビールを追加して戦闘態勢完了です。焼き始めると牡蠣の殻を牡蠣用のナイフで開けるのですが、妻は私が焼いた牡蠣を食べるだけです(_) なかなか大変な作業でしたが、本当に美味しい!牡蠣のアヒージョも旨い!追加で牡蠣を1kg頼み大満足でした(^ ^) こんなに安くてたくさん食べられる地元の人が羨ましいですね。入店時はそんなにお客さんはいませんでしたが、お店を出る頃には中国の団体さんが入ってこられたり賑わっていました。しかし福岡は韓国、中国の旅行客が本当に多いです。この後鹿児島へ向かう途中に立ち寄った太宰府天満宮では日本語を話している人は殆どいませんでした。

この後高速道路を使い一気に鹿児島市まで南下しました。鹿児島での宿泊先はンデイズイン鹿児島にしました。 このホテルは九州で2番目に大きいと言われる歓楽街の天文館のほぼ真ん中に建っており、酒呑みには最高のロケーションです。4時間程で車を運転して疲れてきたので18:00にはチェックインしました。部屋はデラックスツインを利用しました。広すぎず、狭すぎずですね(_)1時間程部屋で休憩しているとお腹も空いてきたので近くの居酒屋さんに入りました。鹿児島名物みたいな物は頼まず、普通の焼き鳥やお刺身を少し頼みました。しかし、やはりビールだけでは物足りず日本酒を少々(^。^)運転疲れもあり酔いました。シメはやっぱりラーメンとなり、ホテルのすぐ近くにある「のり一ラーメン」(のりいちと読みます)へ立ち寄りました。あっさり系の塩ラーメンで飲んだ後にはちょうどいい感じです。年齢のせいか最近は飲んだ後にはこってり系は苦手です。また写真を撮る前に箸を付けてしまいました(><)お腹も一杯になり、この日はぐっすりでした。最終日の朝食です。メニューも豊富にあり、朝食バイキングの中ではかなり高得点の部類に入るのではと思います。朝からカレーに挑戦してしまいました(><)この後鹿児島空港でレンタカーを返却し、サクララウンジでゆっくりしました。搭乗口周辺は修学旅行生でごった返していましたが、ラウンジ内は静かで落ち着けました。懲りもせずまたビールです(><)妻は少し呆れてましたけど、昼間に飲むビールほど美味しいものはないですね(^。^)今回は2泊の旅行でしたが、日頃苦労をかけている妻に少しでもサービスできたらと思ってのものでした。結構喜んでくれたので行って良かったと思います。世の中に機嫌の悪い妻ほど怖いものは無いですからね(**)

 

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

-鹿児島のホテル
-, ,

© 2020 Domesenlife Powered by AFFINGER5